2013年10月アーカイブ

渋谷で風俗店を作るとしたら?

風俗店は成功すれば、しっかり儲かるビジネスです。
風俗店を作るにあたっては様々な規制があり、最寄りの警察署に届け出をして営業の許可を得る必要があります。
営業を開始するにあたっては、場所の選定と確認が必要です。
風俗店の営業ができる地域は都市計画などに基づき制約がありますから、営業できる地域かのチェックが重要なのです。
渋谷の場合、円山町のラブホテル街や風俗店が集まっている地域なら基本的には大丈夫でしょう。
営業許可がとれれば、営業開始できます。
低コストで始めるなら、マンションやビルの一角を借りてホテヘルやデリヘルがおすすめです。
マンションやビルの部屋を借りる際は、風俗店の営業が可能か必ず確認しましょう。
ホテヘルやデリヘルは店舗運営が不要で、女性を募集し面接や研修を行うスペースがあればOKです。
あとはホームページを開設し、女性を選んだり予約を受け付けるシステムを完備すれば営業がスタートできます。
女性の待機は自宅やカフェなど自由にすれば、小さな部屋を借りるだけでいいのです。

風俗店を作るには営業許可が必要です

渋谷は若者が遊ぶ場所や飲食店、アパレル系のショップやファッションビルのほか、円山町などの一角にラブホテル街があったり、道玄坂の奥などに風俗店が広がっています。
ここで風俗店を始めたいと考えたら、まずは営業の許可を得る必要が生じます。
風俗店の営業が可能なエリアであるか、借りたい部屋が風俗店OKかを確認し、警察署に許可申請を行います。
手数料が27000円ほどかかります。
手続きは自分で行うことも可能ですが、不備なく確実に行いたいのであれば行政書士に手続きの代行をお願いするとスムーズでしょう。
その場合、行政書士に支払う報酬が発生しますが、料金は事務所により異なっており、15万円から30万円程度となっています。
店舗内で飲食を提供する場合は、保健所に対して飲食店の許可申請も併せて行う必要があります。
手数料は16000円ほどかかり、こちらも併せて行政書士に手続きの代行を依頼できます。
もっとも代行手数料が別途かかります。

MTBlog42c2BetaInner

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

カテゴリ